2014年05月17日

ハレルヤ

いい事ばかりじゃない 仕事がクビになった
悪い事ばかりでもない あの娘が笑った

特別な事ではないが 格別な思いがほら確かに生まれてる

昨日は雨だが 明日は晴れるや
くだらない日々でもそう 生きてりゃいい事もあるのさ


いい事ばかりじゃない 水道が止まった
悪い事ばかりでもない あの娘が喋った

口下手な言葉で繋ぐ 道端で恋模様 確かに動いてる

昨日は悲劇だ 明日は喜劇だ
素晴らしい夜明けがほら 静かに訪れるのだろう


朝目覚めると窓の外は曇り空
外れがちな天気予報は雨らしい
埃まみれの部屋の片隅で憂鬱
明日になればきっとまた晴れる
あの娘も笑ってる


昨日は雨だが 明日は晴れるや
くだらない日々でも あの娘は笑った
希望が見えるや 確かな気持ちだ
新しい日々がもうすぐ 静かに訪れるから
生きてりゃいい事があるのさ
posted by 畑崎洋平 at 00:00| 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

あいたい

眠れない夜を数えて 意味なんてないことに気付いて
ただあなたを思って つまらない夜に足される寂しさ

部屋の灯りを消してうずくまる なんだか胸が痛い
こんなに弱くなかったはずなのに 今じゃこんなに切ない

あなたの腕に抱き締められたのなら
少しくらいは眠れる気がして
扉の鍵はまた閉められないまま
早く開けて笑って
眠れない夜はあなたに 会いたい


途切れない想い重ねて 気付けば朝が声をあげて
ただあなたを思って つまらない日々に愛しさ感じる

胸の痛みが抑えきれなくて ひとりきりではいられない
こんな寂しさ知らなかったのに 今じゃこんなに苦しい

あなたの声でなぐさめられたのなら
少しくらいは生きれる気がして
求めているのあなたの言葉だけを
早く声を聞かせて 眠れる夜も 会いたい


眠れない夜を歩いて 胸が鳴らす声を聞いて
ただあなたを思って 見慣れた朝の顔色かわった

あなたの腕に抱き締められたのなら
少しくらいは眠れる気がして
扉の鍵はまだ開け放したまま
眠れない夜はあなたに会いたい

胸の痛みが疼いて仕方ない
堪えきれずに涙が出そうで
早くあなたに あなたにあいたいから
眠れない夜も 眠れる夜も
朝も 昼も 全部 あなたに あいたい
あいたい
posted by 畑崎洋平 at 00:00| 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

インスタント・レィディ

気付かないふりをすればいつかは変わると
何気ないふりで今日も口だけ笑うの

本当のことなど捨ててしまえばいいから
なぞるような言葉にしがみついて潤すの

見上げれば 夜の海 照らされて
眠る間に 飲み干してしまえたら
朝が来て 私を愛して


誰かがまたついた嘘を掴んで捨てて
涙を流すわけなど誰にも知られず

偽物の愛などどこかに隠せばいいわ
曖昧な言葉で今日も喉を潤すの

漂えば 朝の先 日が照らす
つむる間に 離されてしまいそう
嘘でいい 私を愛して


偽物の間に救われるような気がして
慰めの言葉に乾いたもの潤すの

振り向けば 夜の闇 溶かされて
気付く間に あの頃に戻れたら
もう一度ワタシを
彷徨えば 大人になれる気がしてた
覚めるまで 溶かされてしまうから
どうすればあなたは 私を愛すの?
posted by 畑崎洋平 at 00:00| 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

誰かが死んだ

テレビの向こうで 誰か亡くなった
悲痛な声で 誰が亡くなった
あくびしながら 煙草吸いながら
テレビを見ている 遠くを見ている

「悲しいことだね」これでいいかしら
五分後には名前も忘れてる

このまま明日も笑って生きれりゃそれでいいや
悲しいフリしたって意味ないや
遠い次元の出来事関係ないや
この夜が明けたら 朝がくるんだ


テレビの向こうで 誰か死んでる
悲しいことだと 誰が殺したと
繰り返される 毎日違う名だ
けれども今日も目が覚めている

「幸せな日々に感謝」これでいいか
五日後には死にたいと呟くんだろう

このまま明日も笑って生きれりゃそれでいいや
悲しいフリしたって意味ないや
この夜が明けたら今日が始まるんだ
悲しみに暮れてる暇などないや
俺の人生はまだ続いてくんだ
夜が明け 朝が来て 生きてくんだ
posted by 畑崎洋平 at 00:00| 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

もみたい。

今日もティッシュを用意して描く 柔らかな夢
手を伸ばして触れたいその胸に 壊れるほどに

大きな希望 小さな勇気 そして垂れ下がった絶望
色々あるが 俺が求めているのは お前の胸だけさ

もみたい つまみたい かみたい はさみたい
夢と希望詰め込んで
なでたい つつみたい なめたい うずめたい
男のロマンぶらさげた
お前のその胸 もみたい


今日もティッシュを丸めて投げ捨てる 俺の涙と
近いようで遠い胸を 俺はいつも夢見ているの

張り詰めた期待 しぼんだ覚悟 そして上を向いた欲望
たくさんあるが 俺がこの手に掴みたいのは お前の胸だけさ


もみたい つまみたい かみたい はさみたい
夢と希望詰め込んで
なでたい つつみたい なめたい うずめたい
男のロマンぶらさげた
お前のその胸 もみたい


もみたい もみたい ちょくせつ もみたい
邪魔なものは剥ぎ取って
もみたい もみたい とっても もみたい
俺のパッション受け止めて
お前のその胸を

もみたい もみたい とにかく もみたい
お前の胸で俺は幸せ
もませて もませて お前の その胸を
俺にもませてください
それで俺は幸せさ
お前のその胸 もみたい

世界中おっぱい 世界は平和さ
お前のおっぱい 俺は幸せさ
世界中おっぱい お前のおっぱい
おっぱい おっぱい…
posted by 畑崎洋平 at 00:00| 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。